« テールドライブギア変更 | トップページ | 基礎からやり直し »

ジャイロ感度とか

最近、更新が滞っていますが元気に過ごしております。
ライフワークであるヘリの特訓ですが、先日初めて『キャンドル・ウィズ・デセンディング ・フリップ 』なんてものをやってみました。
名称だけみるとスッゲー演技に聞こえますが意外と基本中の基本みたいな。

目の前でストールターンのようにグワーンと上げて、エレベーターアップでクルンと回って降りてくるってやつです。
ストールターンのラダーがエレベーターアップに変わったって感じでしょうか?

実際にやると無茶苦茶怖いです。
エレベーターの切れ角が少なく回っている間に地面に刺さりそう。
切れ角増やすとフリップが早すぎてピタッと真下でストップできません。
グアーンと上げる高度も直線飛行が半分になっているもんだから勢いも半減していてそんなに上がりません。

今はとりあえず演技の成否ではなくて、恐怖心を取り除く練習です。

と、上空の近況はそんな感じで、静演技の方もさっぱり上達しません。
ジャイロ感度を上げると一瞬うまくなった気がするのですが、風が吹くと特にエルロン方向にプルプルします。

ふと、以前にカスタマイズした部分を思い出しました。

P1450545

作動量が減る、すなわちサーボスピードがスポイルされているんじゃねーかと。

 

早速、ピロボールの位置を標準の外側に変更して、ターンバックルの長さとプロポの数値を変更してピッチに変化が起きないようにします。
そして、期待したフライト。

さらにプルプル!

うーん、サーボスピードではなかったんですね。

ピロボールの位置はすぐに戻して、その後ジャイロ設定をいろいろやって、プルプルしていなくても動きが変って事に気づきました。
要はジャイロ感度を上げすぎてるって事です。
今までは、プルプルさえ解消できれば最適設定だと思っていたのですが、どうやらプルプルは機体からの最終通告でずいぶん前から最適値から外れているようです。

これらはエルロンのDゲインを60から40にして、エルロンジャイロゲインを85から80にすると改善しました。

さらに時折発生するプルプルはブレードのドラッグの締め加減ってことも判明。
中途半端な固さだとプルプルします。
おそらくこれはブレードの位置がずれて重量バランスが狂っているんだと思います。
とことん固く締めるかユルユルにすると解消しました。

ただ、固くするとジャイロ感度を上げた時のような挙動になり、ジャイロ感度を更に下げる必要性を感じました。
反対にユルユルにするとハンチングしない代わりにジャイロもゆるゆるで止まりません。
こちらはせっかく下げたジャイロ設定を上げる必要性を感じました。

このあたりで頭が痛くなってきたので追及中止。
結局指かな~?ってのと奥が深いなーって事を実感して終了。

二歩進んで三歩戻るって毎日です。(T_T)

 

« テールドライブギア変更 | トップページ | 基礎からやり直し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テールドライブギア変更 | トップページ | 基礎からやり直し »