« 2019 Futaba関西ヘリコプター大会 | トップページ | トライアングル1 »

バッテリー管理

なーんて書くと大げさですが...。

バッテリーコンディションはラジコンする人にとってとても大事だと思います。
今後、フライトスタイルのステップアップに伴ってバッテリーに対して今以上に気を使いたい今日この頃。

まず、現状を知ろうと放電が終わった時の数値を控えてみました。
放電器はハイペリオンなので80Wしかなく、3A~4A程度の放電電流となりますが、それぞれのバッテリーに対して持っているイメージと数値が合致していたので方法はあっていそうです。

P1450375
計測方法は放電終了電圧3.5Vとして放電するだけです。
ハイペリオンはどれか一つのセルが設定電圧に達すると放電が終了します。
それぞれの3つの数値はその終了した時のもので

放電量
残量
内部抵抗

となっています。

P1450405
これはいつも使っているバッテリーで特に問題はありません。
使用回数の割には良いコンディションを保っていると思います。

P1450396
これは極端な例ですが、もう使えないと判断したものをあえて計測してみました。
1セルが邪魔をして放電できなくなっているのが分かります。
計測する前に膨らみ方から予測できますが、つい先日まで使っていたんだから我ながら凄いです。

P1450414
これは最近投入したお気に入りのバッテリー
言うことなしの数値を叩き出してくれました。

3か月に一回程度計測しておけば、コンディション推移を管理できそうです。
ついでにパックのペアを数値の近いものと入れ替えることで寿命を伸ばせそうです。

雨の日に、たまにはのんびりと計測なんてのも良いですね(^.^)

« 2019 Futaba関西ヘリコプター大会 | トップページ | トライアングル1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019 Futaba関西ヘリコプター大会 | トップページ | トライアングル1 »