« フライトシーズン突入 | トップページ | ピルフリ一周年だった週末 »

RYZENへの移行準備

先日アップしたAMDのCPU、RYZENですが、結局のところメモリーとの相性等なんら問題なく、拍子抜けするぐらいあっさりと動いてます。

苦労したのはWIN10&64bit

とりあえず、絶対に必須のヘリシミュレーターであるPHOENIXが動くこと。
これは変なエラーが出るのですが、ググるとすぐに答えが出ます。
マイクロソフトのサイトに行って追加のプログラムが要ります。
...ってこんな小さいプログラムぐらい最初から付けといてくれ~。

次に動画編集のTmpegencの古いのを愛用しているのですが、サポート外ながら普通に動きました。
RYZENだからなのか64bitだからなのか処理速度が速くなってます。
インテルQ9650(Quadコア)をオーバークロックしての3.6GHz&win8.1 32bitと比較しての感想です。
いろいろ試していないので、どこまで使えるのか不明ですが、最悪、後継ソフトの64bit専用品がリリースされているのでお金さえ捻出すれば解決しそうです。

最後はソフトでの動画手ぶれ補正のVirtualDub&Desshakerですが、フリーソフトながら64bit版がリリースされていて今までより早く処理してくれました。

ってことで、Win10環境に移行しても問題なさそうです。

...なのですが、あれ以来、今これ書いている旧PCも、あのトラブルはなんだったの?ってぐらい快適に動いています。
快適なPCが2台あっても意味ないので、RYZENでちょっと遊んでみようかな?と。

とりあえずオーバークロックなるものを試してみました。
3.8GHzは余裕ですね。
そのままwin10のクリーンインストールもできましたし。

4.0GHzも取り合えず動きました。
4.1GHzは何もしなくてもブラックアウト。

動作不安定ではなくて、温度を検知して強制的にSTOPさせているんだと思います。

ちょうど、手元にオオクワガタの幼虫に一定温度を与えるために使用していた水冷ペルチェシステムが余っています。
理由は累代を重ねすぎて卵を産まなくなったんです。(>_<)
よく調べるとラジエターも死んでました。

P1420385
80㎜角の銅製水冷ヘッド。
24時間通電で5年以上ノートラブルの品。
こびりついたシリコングリスを削っていたら傷だらけに。
研磨が必要です。

当然でかすぎてマザーに乗りません。
特にホースジョイント部が邪魔。

P1420388
効率は落ちますが、間にブロックをかまして高さを稼ぎます。
これも前述の余りもの。

ただ、これらをマザーに固定する方法に四日間悩みました。
そして作ったブラケットがこれ

P1420390
10㎜厚のアルミからの削り出し。
将来的にペルチェも仕込めるようにケーブル溝も掘りましたが、ペルチェシステムにするならもう少し加工が必要なんですが、今回はパス。

P1420402
皿ネジ加工はまだ。
今のメイン機が調子よく動いているので慌てる必要はないのです。

RYZEN1200に水冷は必要ないのですが、完成したころに上位CPUがお手頃価格で入手出来るようになっている事に期待しつつ作業を進めています。(^▽^)/

« フライトシーズン突入 | トップページ | ピルフリ一周年だった週末 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フライトシーズン突入 | トップページ | ピルフリ一周年だった週末 »