« モーターコネクター交換 | トップページ | CGY750の電動ガバナー »

RCE-BL130A のガバナーモード要約

TREX700L V2に付いていたESCに対して、特に不満はないのですが、取説をいくら読んでも意味が分からず無視していた部分があったのですが、なんとなく意味が理解できたので紹介しておきます。
もちろん勝手な解釈なので自己責任で。

それはガバナーモード。
ELFモードとストアーモードが用意されていて、出荷時はELFモード。
この二つの違いも分からなければ、出荷モードであるELFモードがどういったものかさえ分かりません。
取説は英語なので読んでも意味が分からないというか読めない。
グーグル翻訳に断片的に単語を入れても更に混乱が増えるだけ。

ネットで調べると似たモードを採用しているESCが他にもありました。
それらの設定方法などを見てやっと理解できました。

P1410736

良く出てくる単語は『 RPM Standardization 』
直訳すると『 回転標準化 』

おそらくスロットル値と回転数の比率を記憶するんだと思います。
そしてその記憶するタイミングの違いがモードの違いでした。

ELFモードは毎回
ただ、この毎回がバッテリーをつないだ一発目なのか、スロットルをオフってまた入れた時の毎回なのかは不明。

飛ばしている感じでは、バッテリーをつないだ一発目かな?って感じ。

で、バッテリーをつないだ一発目のいつそれが行われるのかと言うとローターが回りだして15秒後(出荷時設定)
ゲゲッ!...って事は15秒以内に浮かした場合は当然負荷がかかって回転が落ちるのでそれが記憶されるやん。
当然バッテリーによっても回転数が違うやろし。
毎回フィーリングが違うのが納得できました。(^O^)/

その対策として用意されているのが、ストアーモード。

標準化のタイミングはストアーモードにして一発目の15秒後のみ!
なんとも大胆です。
なのでミスったかも?って時はもちろん、場合によってはモーターやギア比を変えた時も再設定をした方がいいかもしれません。
その時は一旦ELFモードにして、( 面倒がらずSAVEして、バッテリーも一度抜いてまた差す! )もう一度ストアーモードにしないといけません。

推奨ではその一発目は『良いバッテリーを使って、ピッチ0にしとけよ!』って事です。

まとめると、

スロットル値が70の横一直線だと仮定して...。

ELFモード:そのパック中は安定しているが、パック毎に回転数が変わる。

ストアーモード:常に一定回転を得られるが、バッテリーコンディションによってはバッテリーに負担が掛かる。

ASBOX要りますね。

« モーターコネクター交換 | トップページ | CGY750の電動ガバナー »

コメント

100Aのやつですけど参考になりますよ。
http://www.sekidorc.com/pdf/HW_PlatinumV3_Manual_jp_20140623.pdf

DYさん、こんにちは~。

情報ありがとうございます。
読む限り一緒ですね。って事はOEMなのかな?

プロポからのセットアップ方法が紹介されているけど使えるといいな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モーターコネクター交換 | トップページ | CGY750の電動ガバナー »