« 梅雨の合間 | トップページ | レボのメンテ »

部屋を分割

今まで、子供と部屋を共有していたのですが、そろそろ専用部屋をって事で、8畳の部屋を二分割しました。

最初、床から天井までの板を部屋の真ん中に設置して二分割する予定でしたが、クーラー増設が無理な事が判り( 200Vコンセントが足りない )完全な二分割は諦めて、板の高さを180cmとし、部屋上部の空間はつながったままとしました。

P1310300

壁となる板は構造用合板12㎜厚の物を互い違いに張り合わせて24㎜厚の大きな一枚の板を作成、それを倒れないように立てるだけです。

ホームセンターでサイズを指定しカットしてもらうのですが、悲しいかな平行や直角が甘くてカットした合板がピッタリ合わさらず、ちょっと残念。
隙間をパテなどで下地処理をして、クロスを貼ろうかなと思っていたのですが、思っている以上に大変な気がして断念...ペンキで済ませました。

それと、スイフトで部材を運ぶため、最大サイズを90cmまでとしたのは失敗でした。
つなぎ目が多くなるし、剛性も落ちます。
ドアだけは継ぎ目を避けたかったので、残るはドアだけって時にホームセンターの軽トラ無料貸し出しサービスを利用したのですが、最初からこれですべての板を180cmの状態で運んで作っていればと反省です。
たぶん全体の作業時間も半分程度で済んだと思います。

P1310314
私のスペースは、はっきり言って作業場です。
でも、こじんまりしていて案外気にいってますよ。
今後、全ての荷物を収納するために棚を増設する予定。

P1310319
端の形に合わせてのカットはノコギリで手切り。
貼りあわせているので対象な形なのが反対側にもう一枚います。
最近は割と真っ直ぐ切れるようになってきました。
わずかな隙間は採寸が甘かった模様(^-^;

P1310184
板の転倒防止に壁際で35㎜の角材でサポート。

これで転倒の心配はなくなったものの、一番苦労したのは壁のグラグラ対策。
柱のようなものを立てて、それに板を固定するのがいいんだろうけども、柱を堅強に立てる事がそもそも無理な気がする。

とりあえず、壁と机をビスで固定して、通常の生活ではグラグラしないようにはなりました。
...が、壁上部を手で持って揺らすとグラグラします。


P1310182
わざわざ手で持って揺らすこともないし、心配なのは地震ぐらいかな?とも考えましたが、上部が何にとも固定されていないのは安心できないって事で、目立たないところにアングルを追加して固定。

P1310328
入口側は既存のドア枠を利用して壁を新たに設けてそこに固定。

P1310229
子供部屋って事でドアも設置。

このドア作成が一番大変だったかも?

壁にも使った12㎜の構造用合板を15cm幅ぐらいに細長くカットしてもらって、これを互い違いに組んでいき24㎜厚の枠をまず作成。
枠とした理由は引き戸に剛性は要らないし、少しでも軽く仕上げたかったから。
そしてその枠の両サイドに4㎜厚のべニアをボンドで貼り合わせて完成。
トータル32mm厚の重厚な引き戸になってしまいました。

今になって思えば、枠の材料は9㎜厚の合板の方が良かったかも?
その場合はビスでの固定は厳しいのでボンドでの固定がお勧めです。
それと、
べニアを貼り付ける前に戸車を組み込んでおけば作業が楽です。

床のレールは音の静かさが売りのUタイプ、上部レールは本来吊り引き戸用の下部ガイドを流用しました。

ブレーキやらオートクローズ機能などを付けたかったのですが、ドア周りがごちゃごちゃしそうだったので中止。
『 ゆっくり丁寧に開け閉めする! 』これで解決です。

まだまだ細かな修正が残っているのですが、ひとまず完成です!
終わってみればなかなかの大作となってしまいました。
今週末に子供側にベットを入れる予定。
たぶんそれで子供部屋っぽくなるかな?
4畳しかないのは申し訳ないけど、喜んでくれると苦労も報われるのですが...。

« 梅雨の合間 | トップページ | レボのメンテ »

コメント

ホント器用ですねー

メジャー(コンベックス)なら簡単にオートクローズ出来るんじゃないですかね?

最近レボがすっかりお蔵入りしてしまったので書き込みは久しぶりです。
自分の趣味も楽しみながら家族サービスも怠らないってかっこいいっす。

aniさん

確かにメジャーの構造とオートクローザーの構造は似ていますね。
ちょっと作戦練ってみます。

つーてんさん

お久しぶりです。
応援いただきありがとうございます。
レボはいまだにお気に入りの一台ですよ。
もう、これからは部屋で飛ばせないですけど。
最近は外での背面練習機となってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨の合間 | トップページ | レボのメンテ »