« VCS3ダンパー | トップページ | 2011のブリード報告 »

フューエルポンプリレー

エンジンが掛からないため、修理に出したスイフトはとりあえず帰ってきました。

車屋さん曰く、『現象が再現しないので、正直わかりません』との事。

現象は正確に書くと、エンジンは掛かるが、今にも止まりそうな雰囲気のアイドリングが数秒だけして止まる。

一度なると、1時間以上は復活しない。
( これは一度目のエンスト時にプラグがカプったからなのかな?)

前回と今回も、現象はまったく同じ、発生条件もまったく同じで、長時間走行後にエンジンを切って、直ぐに掛けなおした時になった。

前回は点火系を疑って、イグニッションコイルなんかを替えてくれた訳だけど...。
車屋さんが原因が判らんってのも理解できる。
だって、結局直ってなかった訳だけど、4ヶ月間再現しなかったんだから。

今回は(推定で)、フューエルポンプリレーを替えてくれた。
工賃サービスで1900円ぐらいだったかな?

これで治っていてほしいな~。
ってか、治った気がする。

今までは、エンジンを掛けても『 キュル、キュル、キュル、ブオーン!』って感じで、バッテリーを新調しても改善しなかったのが、今回、『キュ、ブオーン』ってなった。

ブラシーボ効果かな?^_^;

是非、次回スイフトネタの時にはトラブルネタではなくて、こんなの買っちまったよ~ってのをアップしたいですね。

« VCS3ダンパー | トップページ | 2011のブリード報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VCS3ダンパー | トップページ | 2011のブリード報告 »