« 貧乏症 | トップページ | 恒温ボックス 室内機 »

恒温ボックスその2

それにしても良く降りますね~。

今週末は雨って事で、家にこもって恒温ボックスの製作を続けます。

とりあえずフリーハンド?でカットした断熱材を接着したまでは良かったのですが...。

保護シートを剥がさずに接着している事に途中で気付いた。
時すでに遅し。(T_T)

硬化した接着剤を剥がそうとがんばったのですが...。

P1110579やっぱ割れました。(T_T)

材料費全部パーです。
半日ほど凹んでから作業再開。

こーなったらフリーハンドの精度も上げちゃる!と治具の作成。

P1110590L型ステーと板を合体。

30mmぐらいの板をカットするには問題なしですが、今回の断熱材は45ミリ厚って事で刃が届かないことが、完成後に発覚。(T_T)

電ノコを買い換える案は却下して...

P1110594もーひたすらに削る事にしました。
割れた断熱材を作業台として利用。

本来仕上げ用のサンダーですが、気合で削ります。

あわせて、嫁から100均の防塵マスクをプレゼントしてもらいました。
もしかしてこれが父の日のプレゼント???

いやいやマジでこのマスクはありがたかったです。
防塵マスクなかったらたぶん死んでます。 

2時間ぐらい格闘しました。

最後の30分は体力の限界なのか、あとコンマ5ミリが削れなくて、汗だくになって奮闘。
最後にサンドペーパーがツルツルになっている事に気付いて、替えて同じぐらいがんばったら削れた粉塵で前が見えないぐらい削れて何故か笑いがこみ上げてきた。

えーと、たしか私は幼虫入れる箱作ってるんでしたよね?

P1110612なんとか目標の厚さまで削れました。
サンドペーバーをこまめに換えていれば半分の時間で終わった気がします。

時間もないので早速、断熱材のカット開始。

P1110621こんな感じでカットしていきます。

誤差はマックス3ミリぐらいかな?
切る対象が発泡剤で角がもげたりしますが、通常の木だと問題なさそうです。

夕方までには全部切り出せました。

P1110626当たり前だけど保護シートも剥がしました(^・^)
それぞれの面がきっちり合っていてテンションアップです\(^o^)/

次回は冷却ユニットの製作と接合です。

で、次は何時だろ?^_^;

« 貧乏症 | トップページ | 恒温ボックス 室内機 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貧乏症 | トップページ | 恒温ボックス 室内機 »