久しぶりのTAGSmini

土曜日は久しぶりにTAGSminiを搭載したエンブラメインで楽しみました。

理由は単純。
モーターを替えたから。

P1400443
KV4300のモーターをガバナー効かせて80AのESCで飛ばせます。
数字だけ聞くと超パワフルに感じますが、このESCのガバナーの特性なのか大人しいです。
とは言っても純正(初期モデル)のモーター&ESCに比べるとパワフルです。

このホビキンのESCとモーターの組み合わせは、もう一機のK-BAR積んだエンブラで良い感触を得ていたので当然問題なし。
スロットル値も同じにしたので、久しぶりなのに違和感なしでした。\(^o^)/

あっ、...サーボステーをアルミにした分は正直なにも分からず。
これはメンテ時のテンションアップ用なので気にしていませんし。

» 続きを読む

エンブラのサーボホルダーを作ってみた

ボール盤が改良されたので早速フライス加工を行いました。
今回はエンブラのサーボホルダー。

P1400423
エンブラのサーボホルダーってちょっと難があります。
使用サーボの汎用性を持たせ過ぎたため、サーボ固定穴が自由度ありすぎです。
おまけにプラなので強く締めると変形します。

なので左右のサーボを同じ位置に付けるのは至難の技。
左右どころかサーボを一度外すと同じ位置に来ません。
サーボを取り付けなおすたびにジャイロの初期設定を行う必要があります。

私の場合、2㎜ちかくサーボを前に突き出しています。
理由は少しでもエレベーター方向の動作範囲を広げたいから。
2ミリ厚のスペーサーをかますだけで効果は抜群なのですが、このスペーサーが付けづらい。
ナットを締めるのにボックスドライバーの入る隙間がないので、ペンチで器用に端をちょっとつまんで固定する必要があります。

前々から、アルミに置き換えたいな~と思っていたので、10ミリ厚のアルミ板を用意して切り出しました。

» 続きを読む

ボール盤の軸ずれ軽減策

我が家の超安価なボール盤。
チャックの交換で刃のブレは許容できる範囲に収まったけど、負荷が掛かると軸がずれる。

刃と削る対象物の直角を出して、中心をポンチで打ち、少しずつ削るとキチンと開く。
卓上ボール盤ってこんなにテク要るの?
それとも安物だから?

そんなボール盤としてもまともに動作しないものをフライス盤として利用しているって...。

いろいろ調べて原因らしきものが分かりました。
ボール盤の上下する部分...シリンダー(?)とその外側の隙間が原因です。
隙間が全くないと上下しないことになるので、ある程度の隙間は要ります。
いや、今の技術ならリニアガイド(ボールベアリングの水平動作版)を使えば、スムーズにガタなく上下するボール盤が作れるはず。
高価になりすぎる?
もしくはわざと遊びを持たせて、ドリル刃が折れるのを防いでいる?

真相は不明ですが、精度を上げる策を施します。
ドリル先端がずれるわけですから、ずれないように固定すればいいかと。
当然回転部分は固定できないので、先端に出来るだけ近い部分と支柱を固定します。

P1400372
用意したアングル。
パワーアングルって名前の通り、重さの割に剛性があります。

P1400388
アングルを連結させるL型ステー。
端をフライスで先割れ形状にしたのがポイント。

» 続きを読む

エンブラのラダーサーボホルダー強化

先日、現地でサーボホルダーサポートを作って機能的には何の問題もなかったけど、せっかくなのでフライス盤使って作り直すことに。

P1400289
青いのが現地で作ったもの。
厚みは1㎜で、もとはハカルンジャー( 誰も分からんか )
1mm厚のアルミがなかったので、手元にあった2㎜厚のアングルから切り出しました。

P1400295
厚みが変わった分、穴の位置を変える必要がある事は判っていたのですが...。

P1400298
ボール盤の精度悪すぎ。
穴を拡げて修正。



» 続きを読む

草刈り号VerⅡ完成!

ESCを搭載して、やっとパワーアップした草刈り号が完成しました。

P1400273
刈刃のESCは完全な空用。
車用のプロポだったのでスロットルの初期設定に手こずりました。
スロットル以外はデフォルトです。

P1400277
刈刃のバッテリーはO橋さんからいただいた6セル。
バランスが狂っていて容量が3000ちょいとなってますが、全然問題なし!
そういえば、バッテリーアラームどこ行ったんだろ?
最近見てないな~。
工具箱を漁ってみよう。




» 続きを読む

スケールヘリのジャイロ設定

今日はエンブラのラダーサーボホルダーを即席で強化しました。
って先週のブログでも書きましたが、今回はアルミ板を使ってもう少し強化した格好です。

即席過ぎて見た目がダメダメなので画像なし。
完成イメージはつかめたので、時間があれば作り直します。

フライトへの影響はほーんの少し。
でも、このほーんの少しの追及が楽しかったりします。

今日はなぜかピッチ入れた時のテールの動きが大きかったです。
気温が上がってきたのでバッテリーのパワーが復活しているのかも知れません。
そんな時はジャイロ設定のトルクプレコンプ→コレクティブの値を増やせば収まります。
ゼロだったのを20まで上げてやりました。
後で気づいたのですが、KBARのデフォルトは22なんですね。
偶然とは言え、20の時に大体えんでないの?って思ったのは正解かも。
対して、
サイクリックは0のまま。
デフォルトは9なのですが、エルロンやエレベーター入れた時にラダーが取られるって想像できません。
もしくはラダーが取られていることに気づいてないだけなのかも?

» 続きを読む

草ガード作製

新しい草刈り号の完成まであとわずか。

初号機では、刈った草が草刈り部分に溜り、こまめに掃除をする必要がありました。

P1380570

こうなる前にと、今回は草ガードを装着することに。

用意したのは0.8mm厚のアルミ板。

カットして折り曲げて、穴開けてと結構時間がかかりました。
特にビス穴位置は現物合わせだったのでずれまくり。
ピンバイスを使って手で開けていたのが原因のようです。
ポンチ等の下穴処理をもっときっちりとすべきでした。

» 続きを読む

ピルフリに向けて その6

その6まで来たのにまだピルフリらしさがありません。
それほどまでにピルフリって特殊なんでしょう、きっと。

で、今回はもう予測付いてると思うけど、右横ホバと横チク。
例によって世間と逆で左エルロンから入ります。
お腹が常にこちらを向いています。

P1400232
これがまた超難しい。
特に方向がずれた時の当て舵。
何度やっても理解できません。

これはピルフリのための準備って事でマスターする事は諦めて、左エルロンとピッチの操作間隔を覚える程度で良しとします。

そして、今まで長い時間掛けて展開してきたエレベーターダウン、エルロン右、エレベーターアップ、そして今回のエルロン左の時の姿勢を左ラダーでタイミングよくつなげるとピルフリの背面入るまでのアプローチって事になります。

と、言葉では簡単なんですけどね。
それぞれの姿勢も単発で行っていた時とは若干違いますし。

正面ケツホバから始まって、背面対面までが前半となります。
とりあえずシミュしまくります。

«3週間ぶりのフライト